Yokomark Press

森林公園までの往復100kmサイクリング

森林公園には、サイクリング専用の全長約17kmのコースがある。ローディーたちがひしめきあいながらしのぎを削る修羅のコースではなく、 あくまで森林公園をめぐるため自転車乗り入れを許可している自転車専用道路という扱いではあるものの、 道幅も広く(普通の国道の車線一個分はある)、起伏にとんでいて、なにより一方通行なので安心して走れるということで、一度行ってみたかったので行ってみることにした。

自宅からは47kmほどいくことになるそうだ。

行きはとにかく国道254のバイパスを北上することに。ひとまずの目標は川越を通り過ぎること。しかしこれが以外に遠かった…… 三芳町からふじみ野市を越えるのが長く、かつ道路も混んでいたのも手伝って、かなり時間を要した気がする。

川越に入るとバイパスが終わって普通の道に。途中T字路に行き着いて困ったが、うまく国道254に合流することが出来た。

国道254に入って暫く行くと大きな川を2本越える橋がやってくる。これを過ぎると本格的に田舎になって、ひたすら田んぼかでかい工場、配送センターみたいなのしか無くなる。 とにかくトラックが多く、コンテナトラックに幅寄せされて涙目になりながらなんとか市街地へ。と、気がつけば東松山市というところまで来ていた。

東松山市に入るとアップダウンが定期的にやってくる。ひたすら国道254をまっすぐ行き、途中のY字路で国道407に入る。そこから20分ほどで森林公園の案内にしたがって左折。 ここではじめて、熊谷がこんなところにあるということを知った。

途中休憩で補給とかせず、ひたすら飲み物だけでしのいできたせいで、このあたりから脚が悲鳴を上げ始めてしまった……まだ往路なのに…… 後ちょっと……がすごく長かった気もするけど、なんとか森林公園へ到着。

昼飯をとり、公園内のコースをぐるぐる。本当に、起伏もカーブもよりどりみどりな感じで、こんな道が17kmほどあるというのはすごいと思った。 いつかこのコースを借りきってロードレースでもやったら面白そうなんではと思ったけど、それをするにはきっと道幅が足りない気がする。 何より、見る人たちのための場所がないw

とりあえず周回コースをひと通り回って、最後は南口から帰ることに。

ぐねぐねと山を登ったり降りたりしながら、国道254に合流。途中なんどか高架があったけど、 なぜか自転車通行禁止の標識がなくて、しかしそんなところを自転車で行くのは恐怖しかなかったので迂回しつつ、往路で別れた国道407と合流し、ひたすら南下。

川島町にはいるころには完全に脚がヒーヒー言っていて、かつこの間打ち付けたアバラもヒーヒー言い始めた。

取り敢えず頑張って川越をやりすごし、早めの夕飯というか補給ということでラーメンとチャーハンを摂取。 そこからふじみ野市の市街地に入って、薬局で痛み止めを買うことに。本気でアバラの痛みが辛抱たまらんかった……

東武線を超え、行きに使った国道254のバイパスも通り過ぎ、三芳町、所沢へ。 途中、行き先案内標識が、真っ直ぐ行くと「本郷」に行くと書いてあって、どこだか知らないけれど方角はあっているからとまっすぐ向かったら、 2~300メートル行ったところに「本郷」という交差点があって、道に迷いそうになった。いや、そんな近所の案内って無いでしょ……

結局、本郷交差点をまっすぐ行き、所沢の裏道をふらふらしていたら、清瀬に出る道が見つかった。 東京だ!と思う一方で、西に来すぎたことを悟ってちょっとがっくりきた。

ただ、そこからはよく見なれた通りばかりで、小金井街道を南下してから所沢街道を青梅街道方面へ走り、そのまま青梅街道に入って帰宅した。

朝は10時に出発して、帰宅したのは18時すぎ。帰りの途中寄り道や想定外の疲れがなければもう少し早く帰ってこれたと思う。

サイクリングコースも含めると100kmを超す道のりを走ってきた。 つぎはどんなところへ行ってみようか、と思いつつ、自転車自体をもう少し乗り心地よくしなきゃな、とも思った。