Yokomark Press

事故りました

会社から帰る途中、路駐の車の影から自転車が飛び出してきて、よけきれずぶつかってしまいました。

怪我をしたのは自分だけだったようですが、転倒時に指を打ち付けていたり、跳ね上がった自転車がアバラに直撃してきたりと痛い思いをしました。今も痛い。 時間が時間だっただけに救急で見てもらいました。専門医の人がいない時間ではありましたが、レントゲンを見る限りとりあえず折れてる感じはないと言う話だったので、いろいろ助けられたなと。 実は生まれて初めての救急車体験でした。最近世間ではタクシー代わりに使う人がいるとか騒がれてますが、ほんとうに助かった。呼んでなかったらどこに病院があるかも分からなかったし、診てもらうのに数時間待つ羽目になってた。

路駐の車を避けるためにある程度その車から距離をとっていたとはいえ、完全に死角で出てくる予測が立てづらい状況だったので、まあ、本当にどうしようもない事故でした。スピードがもっと遅ければぶつからずにすんだとか、そう言う議論は当然あるし、それはどうしたってそうとしか言い様がないことなので、しょうがないです。

事故の形態としては出会い頭の衝突なので、当然ながら過失は双方に出てきます。割合は飛び出した方(今回は交差点でない場所での飛び出しだったため)が重くはなるよね、という話です。 実際問題どのくらいの数字で割合を決めるかはまた別の話なので、警察の人が決めてくれることではありません。

警察の人が言うには、最近の自転車事故の大半はロードバイク等のスポーツバイクが絡む事故なんだそうです。自分も図らずも、その割合に寄与してしまったわけですが、 周りを見ていると信号無視や逆走、無灯火は当たり前のように横行しているので、そりゃあ事故の割合も高くなって当然の結果なんだろうなと思うわけです。 それらをきちんと守っていたとしても今回のような不運な事故が起こるんだから、するべきことをしていないのでは起こるべくして起こるというもの。

ぶつけられても痛いし、転倒したら更に痛い思いをするので、信号はちゃんと守るとか、左側通行するとか、ライトはちゃんと付けるとか、変なところで道路を渡らないとか、基本的なことをちゃんとやるのは最低限のマナーです。 それでも、なにをどう気を付けていようと、起こるものは起こるので、そうなってしまった場合は、痛くて自転車壊れるしキレることもありますが、きちんと警察の人を呼ぶとか救急車を呼ぶとか手続きを踏むべきです。 警察の人も言っていましたが、事故そのものが悪いわけではないです。人間のすることなので、どうしたって起こってしまうことを止めることは出来ない。ただ、気を付けてなんとかなることは確かにあるし、迷惑をかけることには変わりがないので、それはちゃんとケリを付けなければならない。

はあーしかし、あれは修理できるんだろうか……かれこれ6000km弱ともにしてきた愛車なので、ここでさようならはとても寂しい思いがします。 それでも、自分が打ち身を食らう程度で済んでいて、他の誰も怪我をしていないというのはとても幸運なことではありますが。